FB

NEWS

TOPICS

DeNAオートモーティブ事業本部 2019年の振り返り 後編

次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、前身となる「タクベル」のリリースから、2020年4月で2周年を迎えます。当初、神奈川県でサービスを開始し、2018年には東京都、2019年には京阪神にサービスエリアを拡大しました。また、配車サービスだけではなく、乗車前に運賃を確定させる「事前確定運賃」や、乗務員に対して経路をナビゲーションする「お客様探索ナビ」などの新たなサービスも開始しました。

TOPICS

DeNAオートモーティブ事業本部 2019年の振り返り 前編

DeNAが2015年にオートモーティブ分野に参入してから、2019年で早4年が経ちました。これまでに、「交通システム不全」という社会課題を「インターネット×AI」によって解決し、あらゆる人やモノが、安全・快適に移動できる世界を目指して、新しいサービスの開発や実証実験などさまざまな取り組みを行ってまいりました。

TOPICS

DeNA Automotive MEETUP#5レポート 〜iOSエンジニアが語る、開発の体制や働く環境〜

DeNAオートモーティブ事業部が定期的に行っているDeNA Automotive MEETUP。事業部メンバーが登壇し、リアルな働き方や開発エピソードを語るイベントです。前回は、Androidエンジニアが登壇し、開発秘話を紹介。好評を受けて、11月19日には「iOSエンジニア編」を開催しました。6人のメンバーが、文字通りの本音を披露しました。

TOPICS

「MOBILITY:dev 2019」レポート ~「MOV」の効率的な配車を実現する、サーバーAPI実装の「超最適化」

10月31日に開催された、移動と交通を技術で変えたい、エンジニアのためのカンファレンス「MOBILITY:dev 2019」にて、DeNAオートモーティブ事業本部のメンバーが講演を行いました。レポート第2弾は、スマートタクシー事業部システム開発部部長の惠良が、次世代タクシー配車アプリ「MOV」におけるサーバー API 実装をどのように最適化したかについて話した講演をご紹介します。

TOPICS

「MOBILITY:dev 2019」レポート ~半歩先を行く、タクシー「後部座席タブレット」のUX設計

10月31日に開催された、移動と交通を技術で変えたい、エンジニアのためのカンファレンス「MOBILITY:dev 2019」にて、DeNAオートモーティブ事業本部のメンバーが講演を行いました。

TOPICS

DeNA Automotive MEETUP#4レポート 〜Androidエンジニアが座談会で打ち明けたDeNAでの働き方や苦労話〜

DeNAオートモーティブ事業部のメンバーが、リアルな話を本音で語るDeNA Automotive MEETUP。4回目となった10月8日のイベントでは、「MOV開発メンバーのリアルシリーズ〜Androidエンジニア編〜」と題し、タクシー配車アプリ「MOV」に携わる4人のAndroidエンジニアが登場。メンバーならではのエピソードを、座談会形式で打ち明けました。

TOPICS

デジタルサイネージ ジャパン2019レポート 〜タクシー配車アプリ「MOV」の車内広告に込められた工夫〜

TOPICS

オートモーティブ×ヘルスケアTechNightレポート 〜社会課題に向き合うエンジニアが語った、開発の裏エピソード〜

TOPICS

次世代タクシー配車アプリ「タクベル」から「MOV」へ 名称変更に込められた思いとは

TOPICS

DeNA Automotive MEETUP #3を開催しました

こんにちは、DeNAオートモーティブ事業本部の河岸です。