FB

ABOUT

Message
MESSAGE

「インターネット×AI」で交通システムにイノベーションを。

課題先進国である日本は、今、未だ世界が経験したことがない「交通システム不全」という社会課題に直面しています。

「人の移動」では、過疎地など公共交通が行き届かない地域にお住いの方、高齢による体力の衰えなど、様々な理由で移動したくても移動出来ない交通弱者と言われている方達が日本全国に700万人以上も存在しています。

「モノの移動」では、ECの普及に伴い、宅配便は年間1億個も増加しており、今後も増え続けていく見込みです。これにより配送事業者の負担が大きくなり続ければ、今まで通りの便利な宅配便のサービスを享受することは困難でしょう。

その他にも、日本国内だけでも年間50万件以上も発生している「交通事故」や
また、「都市部の交通渋滞」など多くの問題を抱えているのが今の交通システムです。

これらの問題は、今の交通システムが高度経済成長期の人口増加とそれに伴う自動車と道路の急速な普及という時代背景に合わせ組み立てられてきたことに起因しています。

しかし、現代の日本は世界でも類を見ない人口減少社会であり、超高齢化社会に突入しています。その結果、今まで日本の発展を支えてきた交通システムと、将来必要とされている交通システムに大きなギャップが発生し、大小様々な問題が浮き彫りとなってきました。

これらの「交通システム不全」という社会課題を解決するために役立つのが、DeNAのコア領域である「インターネット×AI」やスマートフォンなどのテクノロジーです。

交通システムに「インターネット×AI」の技術を導入することで、どんな未来がつうれるのか。全ての車がインターネットにつながれば、いつ、どの車が、どんな場所を走ったのかなど、車や人やモノの移動などあらゆるデータが蓄積されます。それらのデータをAIがディープラーニングし未来予測することで、ルート最適化による渋滞緩和、事故の軽減、タクシーや宅配便の生産性向上、より高いレベルでの自動運転などを実現することができます。

元来、日本は交通領域において世界トップレベルの企業が揃っており、優れたプロダクトやサービスを展開しています。それらの企業とのパートナーシップにより、彼らのもつ技術と我々のもつ「インターネット×AI」のテクノロジーを組み合わせることで、交通システムをIoT技術によって大きく進歩させていくことができると確信しています。

あらゆる人やモノが、安心・安全に移動できるように。交通領域の先駆者であるパートナーたちと共に、DeNAオートモーティブが日本の交通システムにイノベーションを起こします。

Anything,Anywhere.
中島 宏
オートモーティブ事業本部長

中島 宏

Hiroshi Nakajima

HISTORY

2015年
5月 自動運転技術を活用した「ロボットタクシー®」事業を開始
5月 スマートフォン向け無料カーナビアプリの提供を開始
9月 個人間カーシェアサービス「Anyca®(エニカ)」を開始
2016年
8月 自動運転バスを活用した、未来のモビリティサービス実現に向けたプロジェクト「Robot Shuttle®」を開始
11月 自動運転車両の遠隔管制における5G活用に向けた共同実証実験を開始
2017年
4月 自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現をめざすプロジェクト「ロボネコヤマト®」実用実験を開始
4月 横浜市と「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を開始
11月 シェアリングエコノミーの普及に向けた事業連携を開始
2018年
3月 日産自動車と共同開発の無人運転車両を活用した新しい交通サービス「Easy Ride®」の実証実験を開始
4月 AIを活用する次世代タクシー配車アプリ「タクベル®」サービス開始
4月 携帯電話網を用いて、信号情報を自動運転車両に活用した日本初の公道実験を実施
10月 MaaS分野におけるAI・クラウド・ITSなどの技術開発をおこなう横断組織「モビリティインテリジェンス開発部」を発足
12月 全国展開を機に、次世代タクシー配車アプリ「タクベル®」を新名称「MOV」に変更しリブランディング
2019年
3月 SOMPOホールディングスと個人間カーシェア事業とマイカーリース事業を開始
6月 AIとIoTを活用した商用車向け事故削減支援サービス「DRIVE CHART」を提供開始

※「ロボネコヤマト」はヤマトホールディングス株式会社の登録商標です。

※「ロボットタクシー」「Anyca」「Robot Shuttle」「タクベル」は株式会社ディー・エヌ・エーの
登録商標です。

※「Easy Ride」は株式会社ディー・エヌ・エーと日産自動車株式会社の登録商標です。

※「MOV」「DRIVE CHART」は商標登録出願中です。