FB

NEWS

お知らせ

最大48%の事故削減効果を実証 AIとIoTを活用した商用車向け事故削減支援サービス「DRIVE CHART」を提供

DeNAは、AIとIoTを活用した商用車向け交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART(ドライブ チャート)」の提供を2019年6月4日から開始しました。

サービスサイトURL: https://drive-chart.com

「DRIVE CHART」は、商用車向けのサービスで、設置した車内外を写す専用車載器の映像、加速度センサーやGPSを元に、AI(画像認識技術)を用いて危険運転状況を可視化し、運転特性をドライバー自身だけでなく管理者と共に把握・改善することができるサービスです。運転状況の振り返りや、運転特性に応じた指導を行うことで、交通事故削減の効果が期待できます。

【背景】
国内においては、自動車の運転支援技術の普及などにより、死亡事故発生件数は減少傾向にありますが、全国では年間47万2165件の事故が発生しており、商用車(事業用)だけでも3万2655件発生しています。事故の原因は90%以上がヒューマン・エラーと言われており、事故削減には、人に頼らない自動運転化(ハードウェア)と、運転ミスを起こさせないよう人の能力を拡張する(ソフトウェア)、2つのアプローチがあります。本サービスでは、DeNAの強みを活かし、普及しやすく人と交通環境の両面を改善できるソフトウェアでのアプローチをおこないます。DeNAオートモーティブは、あらゆる人やモノが、安全・快適に移動できる世界の実現をミッションに掲げており、移動サービスだけでなく、交通システムとして事故削減を支援する取り組みも実施していきます。

詳しくはこちら→https://dena.com/jp/press/004478