FB

NEWS

TOPICS

タクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験がついにスタート!

こんにちは、オートモーティブ事業本部の河岸です。
ついにタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験が横浜市の限定エリアで開始されます。

「タクベル」とは、AI技術を利用したスマートフォン向けタクシー配車アプリです。
詳細はこちら

今回の実用実験は横浜市の中区、西区及びJR横浜線沿線(東神奈川~長津田)周辺のエリアを対象として2017年9月12日から10月31日まで実施予定で、乗務員専用端末を搭載したタクシー約200台が走行します。

今回の実験を通して利用体験上の課題を明らかにして、より実用性の高いサービス設計に繋げていく予定です。(iOSのみでの提供を予定)。神奈川県内においては、2018年1月以降の実用化を目指しており、神奈川県以外の地域も順次導入を進めていきたいと考えています。

9月4日には記者会見も開き概要説明を行いましたが、業界の方だけでなく、様々なメディアの方にもお越しいただき、チーム一同身の引き締まる思いです。

乗務員アプリイメージ
乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、メッセージを送り合える機能も備わっています。

説明会の様子

▼記者会見にはたくさんのメディアさんにお越しいただきました!
【日本経済新聞】DeNA、AI活用しタクシー配車 横浜で実験
【ITmedia NEWS】タクシー業界はこの先生きのこるか? “AI”使うDeNAの配車アプリ「タクベル」の狙い

チームも実用実験成功に向けて日々サービスを磨いています。

全国の皆さんに便利なサービスを届けるため、これからもどんどん走り続けます。
2017年9月12日16時以降ダウンロード可能になりますので、対象エリアにお越しの際はぜひ使ってみてくださいね!

これからのタクベル、そしてDeNA Automotiveをお楽しみに!!!