FB

MEMBERS

D.N D.N
INTERVIEW

オートモーティブ事業本部
カーシェアリンググループ

Name: D.N

「新しい文化」を健全に根付かせたい。
個人間カーシェアサービス「Anyca」に携わる中で身につけた“視点”

自動運転やEV(電気自動車)など、交通分野では“新しい技術”の開発が盛んになっています。一方で、この分野では“新しい文化”をつくるビジネスも行われています。

DeNAオートモーティブ事業本部が手がける「Anyca (エニカ)」は、個人間カーシェアという新たな文化を提供するサービス。Anycaに携わるオートモーティブ事業本部カーシェアリンググループのD.Nさんは「急成長するこの業界の中で、新市場をつくる楽しさを実感しています」と語ります。そこにはどんなやりがいがあるのでしょうか。D.Nさんへのインタビューから紐解きます。

D.N

サービスインから右肩上がりでも「まだまだ開拓できる」

ーーD.Nさんは、Anycaでどんなことをされているのでしょうか。

Anycaは個人間のカーシェアリングサービスで、私はビジネス周り全般を担当しています。サービスやKPIの分析からマーケティング、アライアンス先との事業開発に関する交渉や調整まで、ビジネスに関することはなんでも広範囲に行っています。

自分自身、あまり仕事の領域を限定するのが好きではないので、とにかく幅広く関わるようにしています。DeNAでは何かのスキルや領域に特化して関わることもできますし、逆に広げようと思えば自分の意志で広げていける会社なので、私はいろいろ首を突っ込むようにしています。

ーーアライアンス先との事業開発というのは?

一例を挙げると、Anycaはオーナー(クルマの所有者)に少しでも多くのクルマを登録していただくのが一つの大きなKPIです。ただ、個人のクルマを個人にシェアするというのはこれまでに全くなかった文化ですので、当然、登録数も簡単には伸びてくれません。もちろん、ありとあらゆる方法を駆使していわゆるマーケティング活動をしていくのですが、我々の力だけでやれることやそのインパクトにも限界があります。

そこで、例えばディーラーでクルマを購入するお客様に一緒にAnycaを紹介していただけないかなど、既存のプレーヤーとどうタッグを組んでいくかも重要です。そういった文脈でのディーラーとの提携などがそれにあたります。

マクロで見ると、ディーラーからは「カーシェアが普及することで車が売れなくなるのでは?」という声も当然ありますが、直近はカーシェアに対する世の中の認識が少しずつ変わってきており、Anycaのクルマ登録数も無視できないほどになってきています。その中で、業界内のアライアンスに対する意識も変化していると強く感じています。

ミクロで見ても、カーシェアによってオーナーのクルマの維持費が下がる分、1グレード上の車が所有できるという方もいます。つまり、カーシェアを紹介することでディーラー側もお客様への提案に幅が持てたり、購入の後押しになったりするのではと思っています。

そういった背景から、今年11月に中古車買取販売の「ガリバー」を運営するIDOM社との事業提携を発表させていただきました。これはまさにその一例になります。

ーー「クルマの登録数も無視できないくらい伸びている」とのことですが、実際に事業自体は順調に成長しているんでしょうか。

はい。2015年9月にサービスインして2年以上経ちますが、右肩上がりで伸びています。ただ、成長速度が速いかどうかと聞かれると、個人的には「まだまだ」だと思っていますね。本当に、まだまだ開拓できる市場なんです。

ーーというのは?

Anycaは「シェアリングエコノミー」を背景にしたサービスのひとつだと思いますが、例えばいわゆる「フリマアプリ」は以前からネットオークションなど、インターネット上で主にPCで利用される形で存在していた市場がスマートフォンにリプレイスされているもの。だからこそ急成長を遂げているのだと思います。

対する(個人間)カーシェアは、日本において今まで元になる市場や文化があまりなく、比較的新しい市場や需要を喚起しながらやっていかなければいけません。そういった意味で、我々はその個人間カーシェアリング文化を日本に根付かせるのが大きなミッションの一つであり、新市場を作っている真っ最中。といっても「市場」と呼べるほどまだ大きくはありませんので、まだまだ開拓できますし、それが一番の醍醐味であり面白さだと思っています。

D.N

10個の施策を思い付いたら、5〜6個を最速で試してみる

ーー新市場に関わる醍醐味について、どんなものが挙げられますか。

本当にやってみないとわからない世界なんですよね。このサービスができた時、こちらの仮説の一つとして「今までレンタカーを使っていた人が利用する」ことがありました。でも、ユーザーインタビューをすると違うケースも多くて、例えば「とりあえずAnycaで乗りたいクルマを予約して、その予約が承認されたら実際にドライブの予定を作る」みたいな流れもあったりするんです。

もともとの予定があって、その移動手段としてのクルマではなく、「このクルマに乗りたい」という目的が出発点で、それに乗れる日程に予定を組む。これはおそらく今までなかった市場ですし、自分たちの予想とは違う答えでした。

そういったことの連続なので、事業の進め方についても、例えば施策が10個あればまずは優先度の高い順に1,2個から手を付けることも多かったのですが、今は5,6個などなるべく大きく網を張って、それを最速でやりきるにはどうしたらよいか考えるようにしています。手を広げつつ、いかにPDCAを早く回して仮説検証を積み上げていくかが大事だと思いますね。

ーーということは、サービスを成長させるために、広い視点で柔軟に考えることが求められますよね。

そうですね。言葉としては安直ですが、何事もいったんゼロベースで考えてやれる思考が求められます。私自身、Webサービスの経験が長いので、その常識の範囲内で考えてしまうことが多いんです。それを反省していて、たとえばオンライン・オフライン問わずにいろいろ考えることが必要ですね。

人材的にもそういった能力が求められるので、とにかくより好みせずにいろんな分野、いろんなことに関わりたい人の方がいいかもしれません。

ーーご自身の今までのキャリアを振り返っても、特殊な視点が求められていると感じていますか?

はい。Anycaに関わる前は、いわゆるファクトや数字をベースに置いてビジネスを進めることが多かったように思います。ですが、それだけだとまだ市場や規模感が小さい分、うまくいかない部分も多いです。だからこそ、ビジネスを進めていく上ではそれ以上にお互いが描くビジョンやベクトル、クルマ社会の在り方など“右脳的”な部分を伝えて、共有することが大切ですね。

ーーどのようなビジョンを伝えているのでしょうか。

Anycaは、カーシェアを通じて人とクルマの関係をもっと気軽にできるサービスだと心から思っています。実は私も、もともとクルマ好きではありませんでした。父はF1をサーキットに観に行くほどのクルマ好きなんですけどね(笑)。ただ、Anycaを通じて良いクルマに乗るだけで「このクルマ欲しいなぁ」と思いますし、実際のオーナーさんにも「このクルマ売る時は僕に教えてください。たぶん買います(笑)」と言うほど、今は気持ちが変わったんです。

そこで感じたのは、「自分が心から好きなクルマに出会う体験がないだけなんだなぁ」ということ。自分自身が身をもって実感しました。なので、そういう機会を提供することでクルマと人がもっと身近になってほしいのです。

オーナーとしても、カーシェアができれば維持費が下がります。そうやって、ドライバーさんとオーナーさん双方のニーズを適切にサポートしていけますよね。Anycaにはそれだけの価値があります。ファクトや数字を見せて……というのももちろん重要ですが、そういったクルマ社会の未来を共有しながらビジネスを創っていくことが何より大切だと感じています。

D.N

すべては“健全”な成長のために。求められる能力とは

ーーちなみに、D.Nさんが掲げている今の目標はなんですか?

Anycaが多くの人に認識されて、まずは日本を代表するサービスになることですね。DeNAに新卒で入って6年ほど経ちますが、まだそこまでの経験はないので、是非やりきりたいです。

ーーオートモーティブの事業は、どのサービスも日本の代表になるチャンスがあると言えそうですね。

そうだと思います。とはいえ、例えば自動運転を中心に据えた事業はかなり先を見据えた長期的なビジネスですが、カーシェアはもっと短中期での展開になると思います。一日でも早く日本で個人間カーシェアの文化を根付かせて、その中でリードするサービスになりたいですね。

ただ、もちろんサービスの成長は大事ですが、あくまで“健全”な成長が大前提だと思っています。

ーー健全な成長とは?

ビジネスとユーザー目線のバランスです。Anycaはユーザー同士がオフラインで実際に触れ合って初めて成り立つサービスですし、クルマを扱っている以上、トラブルが起きれば人の命に関わるかもしれません。その中で、安心・安全面は絶対に大切にしなければいけない大原則だと考えています。

オフラインが舞台となるオートモーティブサービスは特にそこがクリティカルになることも多いと思いますし、実際にカスタマーサポートでも安心・安全面にはかなり力を注いでいます。もちろんそこを意識しすぎるとビジネスも開発も遅れてしまうことが多分にあるのですが、やはりユーザーの満足度や熱量といった数字に表れにくい部分が下支えしているサービスでもあります。

重要なのは、ビジネス目線とユーザー目線、そのバランスをとりながら健全に成長することなのではないでしょうか。

ーーAnycaを作っていくメンバーにも、当然その部分は求められますよね。

そうですね。あくまで“健全”な成長に必要なことはなんでもやるという気概、スタンスを持ったメンバーが多いです。

個人的にも、サービスを伸ばすための思考や視点は当初から大きく変わっていて、数字だけではなくユーザーの安心や心地よさといった「心理」を突き詰めることが大切だと感じています。やはり、オーナーにとって愛車を登録するのは不安ですし、登録の最後には車検証をアップするのですが、普通の感覚で考えるとやっぱり怖いです。そこを過去の事例ベースや変にロジカルに考えすぎず、心理を考えながら最適化していく。そのためには、たとえ非効率でも立ち止まることも大切ですし、そうやって健全な成長が生まれていくのだと思います。

ーー働く人にとっても、その視点を身につけることは大きな意義がありますよね。変化の激しい業界だからこそ、そういった経験を味わえるのかもしれません。

本当に貴重な経験になると思います。私自身も、日々注目度の上がっていく業界や市場の“渦”の中でサービスを作っていることを毎日実感していますし、大きな規模のプレイヤーが私たち新規参入者の話を真摯に聞いてくれるケースが増えてきました。

Anycaはまだまだ小さなサービスですが、そのサービスが立てた波を巨大なプレイヤーの方々が感じ取って、利用したり共用したりということが今後生まれていくでしょう。そこに関わること自体が醍醐味ですし、業界の変革期の中で一矢報いることができると思っています。