FB

NEWS

お知らせ

DeNA、携帯電話網を用いて公道の自動運転車両に信号情報を送信する実証実験に参画

DeNAは、名古屋大学が主体となって実施する愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの公道において複数の信号交差点において自動運転車両に携帯電話網を用いて信号情報を送り走行する実証実験に2020年2月12日(水)から参画しました。

今回の実証実験は、名古屋大学が主体となり2020年2月12日(水)~2月28日(金)まで名古屋大学COIの自動運転車両を用いて多様な世代での過度に自家用車利用に依存しない外出手段の確保を目的とする実証実験の一環として実施しています。高蔵寺ニュータウン内を1台の自動運転車両が乗客に合わせてオンデマンドで走行します。

公道の交通ルールに従って走行する自動運転車両において信号情報との連携は必要不可欠です。これまで自動運転車両は車載カメラを用いて信号情報の検知をしてきましたが、前方車両による遮蔽や逆光などの環境要因によって検知が困難になることが懸念されてきました。そこで信号情報を直接車両に送り、カメラによる信号検知システムと補完し合うことでより確実な信号情報の検出が可能になることが期待されます。また、信号情報を自動運転車両が遠距離で得ることで、事前に車両の速度を制御し、交通渋滞の緩和や環境負荷の低減に繋がることを目指します。

今回の取り組みでは、実証ルート上の2つの交差点で実証実験を行います(うち1つは感応式)。交差点の信号制御機に日本信号の専用無線装置を取り付けました。DeNAは、信号の灯色や残り時間などの信号サイクル情報を携帯電話網を用いてクラウドサーバーを中継し、リアルタイムに自動運転車両へ送る役割を担いました。本システムの開発においては、DeNAがこれまで培ってきたクラウドの技術やシステム作りの経験を活かし、低コストかつ汎用的な仕組みを実現しました。信号情報を受けた車両は、自動運転システムによって「進む」か「停止」かの制御を行います。

詳しくはこちら→https://dena.com/jp/press/004568